お気に入りに追加 HOMEに戻る
  保険研究所の病気の人のための医療保険相談
お電話でのお見積りは
医療保険引取調査へ
病気の人のための
医療保険相談TOP
医療保険 後悔しない入り方
保障はどのくらい必要?
定期?終身?
病気による入院日数は?
通院保障は必要?
セカンドオピニオンって何?
先進医療って何?

お電話で見積り希望の方は
0120-159-632
受付時間 月〜金9:00〜17:00
FAXで見積り希望の方は下記アンケート用紙をプリントアウトし下記までFAX願います。
FAX03-5714-7656
24時間受け付け
セカンドオピニオンって何?
◆セカンドオピニオンとは

診断や治療方針についての “主治医以外の意見” という意味です。

例えば東京から大阪へ行く時、 「新幹線」で行く方法もあれば「飛行機」や「普通電車」でも行けます。色々な方法の中から選択して選びますね。それよって値段や速さが変わります。

病気・けがの治療も同じです。
治療方法・薬の選択はいくつもあります。
かぜでさえ、病院によって出す薬が違うのですから。

胃がんという診断を受けた
  田中さん(53歳男性、仮名)の体験談抜粋です。


私は、今まで大病をした事のなかったので告知を受けた時は非常にショックでした。
主治医は「胃の2/3摘出手術」を勧めました。
えっ?
その後主治医が話した事はあまり覚えていません。
それからしばらくは、ぼーぜんとして何も手に付かない状態でした。完全に無気力で仕事など全くする気になりません。
数日後、妻や子供に励まされ初めて自分の体について真剣に考えることができました。
私は本当にそんなにひどいのか?どうしたら生きることができるのか?
完治するのか?早期に仕事に復帰する方法はあるのか?

妻が頑張って色々と調べてくれました。本を読み、インターネットで調べ、人に聞き。
様々な治療の種類や手術の種類がありました。

手術(内視鏡粘膜切除手術・腹腔鏡手術・縮小手術・定型手術)
抗がん剤治療 細胞療法 放射線療法 化学療法 漢方 ……

私は「他の先生の意見も聞いてみたい」と思いました。
■田中さんと奥様はここである問題にぶつかります。

他の先生といっても、誰に相談すればいいんだろう?
胃がんで最も信頼できる先生は誰なんだろう?


自分の命の関わる事ですから、「最も的確な判断をしてくれる先生」「最も腕のいい先生」にお願いしたいのは言うまでもありませんが、一体どの病院の誰がいいのか?なかなか探すのは難しいです。

こういった問題に対応するために日本の名医ネットワークを作り「名医によるセカンドオピニオン」や「分野ごとの優秀専門医の紹介」を行うサービスができました。
胃がん・肺がんなどがんに限らず、様々な病気に関する相談やベストと思われる医師の紹介を行います。

当然このサービスは有料です。有料ですが、その価値があると思います。
命に関わる問題ですから。私も入院するかどうかの選択の際にこのサービスを利用し、安心して「入院はしないという判断」を下すことができました。

田中さんも胃の2/3切除よりも、もっと体への負担が少ない選択があったかもしれません。

「名医のネットワーク(セカンドオピニオンサービス)」についても下記よりお問い合わせ下さい。

追伸: このサービスをなんと無料で付帯できる「医療保険」ができました。
医療保険引取り調査へ
 
▽運営会社 ▽プライバシーポリシー兼ご利用規定