お気に入りに追加 HOMEに戻る
  保険研究所の病気の人のための医療保険モール
お電話でのお見積りは
医療保険引取調査へ
病気の人のための
医療保険モールTOP
医療保険 後悔しない入り方
保障はどのくらい必要?
定期?終身?
病気による入院日数は?
通院保障は必要?
セカンドオピニオンって何?
先進医療って何?

お電話で見積り希望の方は
0120-159-632
受付時間 月〜金9:00〜17:00
FAXで見積り希望の方は下記アンケート用紙をプリントアウトし下記までFAX願います。
FAX03-5714-7656
24時間受け付け
保障はどのくらい必要?

実際に病気で入院するとどの位の自己負担がかかるのか?
これがわかれば医療保険がどの位必要かわかると思います。

[自己負担額イメージ]

公的健康保険による 一定割合の自己負担
一般的には自己負担3割
[例:サラリーマン]
(入院1日あたり)
※医療費には高額療養費制度という制度があります。
月単位で見て、1月あたり自己負担額が「80,100円+α」を 超えた分が戻ってきます。(70歳以下・月収53万円未満の方の場合)
(α=医療費が267,000円を超えた場合、超えた額の1%)
(月収53万円以上の方は1月あたり自己負担額「150,000円+α」を 超えた分が戻ります。)

,000円

 

差額ベッド代

[例:サラリーマン]
(入院1日あたり)
4人以下の部屋に入院する場合は公的保障との差額が発生します。
この金額は病院によって異なり、1日あたり1000円程度〜
10万円超(*1)
と非常に幅があります。

3,000円

 

先進医療費

[例:サラリーマン]
(入院1日あたり)
高度に進んだ医療技術として、健康保険の一部負担金の他に特別料金がかかる治療方法が100種類以上認定されています。
高額な治療だと自己負担が約300万円にもなります。

種類によるので

 

入院時の食事代の一部

[例:サラリーマン]
(入院1日あたり)
1食当たり260円(3食780円)が自己負担になります。

780円

 

その他諸費用

[例:サラリーマン]
(入院1日あたり)
家族の交通費・電話代・衣類等日用品・医師、看護婦へのお礼
など様々な費用がかかってきます。

2,000円

 

収入減少のカバー分

[例:サラリーマン]
(入院1日あたり)
健康保険の被保険者であれば傷病手当金として1年半の間は 標準報酬日額(*2)の6割が支払われます。国民健康保険の場合は この制度がない地域が多いです。

 

合計 10,780円+α

医療保険引取り調査へ
★一般的にはサラリーマンで7,000円〜1.5万円・自営業者で1.2万円〜2万円
主婦で7,000円〜10,000円 程度が妥当な金額でしょう。
★「上記金額のうちどの位を保険に転化しておくか」を考える必要があります。
★注意点としては、高額療養費制度は、基本的に退院後、社会保険事務所もしくは健康保険組合に請求し、数ヵ月後に戻ってくるのでその間は立替える必要があります。
健康保険組合によっては他に様々な制度を持っている組合もあるので1度調べてみてください。
★差額ベッド代は病院ごとに決まっているので可能であれば入院前に確認しておくべきです。
★健康保険が利かない治療をおこなう場合、すべての治療が自由診療となりますので医療費は莫大な金額になるでしょう。


※1 平成23年厚生労働省「主な選定療養に係る報告状況」参照
※2 手当てなどを含んだ1ヶ月の給料を1日あたりに換算した額の事です。
※3 上記は平成25年1月時点のデータを活用しています。
 
▽運営会社 ▽プライバシーポリシー兼ご利用規定